社会人にあった、最適な保険選び、納得の比較・見直し

HOME > 保険に入る目的

保険に入る目的

保険にはいる目的は、もしもの時に、大切なものを守るため!

万一に備える

入院の保険

突発的なケガや病気で入院することは、とてもありがち。でも、もしもの入院に備えてお金を準備している方はほとんどいません。だからこそ、是非とも入っておきたい医療保険。

  • まずは入院1日あたりいくらの補償にするかを決める。手術の補償は自動的に決まる。
  • 上乗せの補償を考えるかどうか。がん保険や女性疾病保険は、対象を特定の病気に絞っており、安い掛金(保険料)で大きな補償を得られる。その分、他のケガや病気の補償はしない。医療保険の補償額では心配な場合、プラスαの保険として考えよう。
  • 補償の期間を決める。定期タイプと終身タイプが一般的。定期タイプは加入時の掛金(保険料)は安いが、更新時に掛金(保険料)がアップ、更新できる期間は80歳までなど、途中で補償が切れる。終身タイプは掛金(保険料)は高くなるが、一生涯の補償であり掛金(保険料)も一定。

がんの保険

「がん」は日本人がもっともかかりやすい病気であり、死亡原因のトップ。でも今は、治療によって治る病気。だからこそ万全な治療を行いたいが、治療にかかる費用は他のケガや病気と比べて非常に大きい。そこで、もしもの場合の「がん保険」。余裕があれば入っておきたいところです。

  • がん保険は「がん」の場合しか補償されないが、安い掛金(保険料)で大きな補償を得られる。医療保険の上乗せ補償として検討の価値あり。
  • 考え方は医療保険と同じ。まずは入院1日あたりいくらの補償にするかを決める。その他の補償内容は自動的に決まる。
  • 次に補償の期間をどうするか。定期タイプと終身タイプで補償の期間と掛金(保険料)が異なる。
こんな保険がオススメ!
医療・傷害保険へ

これから保険に加入したい若い方

入院したときの費用を準備しておきたい。死亡保険もあった方が良いかどうか迷っている。

まずは単独の終身タイプ医療保険に加入。
掛金(保険料)負担に無理がなければ、終身タイプの死亡保険にも加入。
これらの保険は、将来、結婚・子どもの誕生など、ライフステージが変わっても有効に継続できます。
こんな保険がオススメ!
どなたにも価値ある医療保険へ