自転車保険の加入義務化にも対応!自転車の責任保険(個人用賠償責任保険・交通事故傷害保険)

ひと月あたり「300円で1億円※」「600円で3億円※」の充実補償! ※賠償責任保障(最高)

総合保険センターの「自転車の責任保険」は、 すべてのプランに示談交渉サービスが付いた賠償責任補償をご用意しています。

通勤・通学中の自転車事故に備え、加害者と被害者両方のリスクからお守りします。

自転車保険の加入義務化が全国で広まっています

1.高額化する自転車事故の賠償金額例

CASE 1

自転車事故イメージ:自転車搭乗中の男子小学生と歩行中の女性

男子小学生が夜間、歩道と車道の区別のない道路で歩行中の女性と正面衝突。女性は意識が戻らない状態となった。

賠償額9,521万円

CASE 2

自転車事故イメージ:自転車搭乗中の男子高校生と男性

男子高校生が昼間、歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性と衝突。男性に重大な障害が残った。

賠償額9,226万円

CASE 3

自転車事故イメージ:交差点の横断歩道で事故

男性が夕方下り坂をスピードを落とさず走行し、交差点で横断歩道を横断中の女性と衝突。女性は3日後に死亡。

賠償額6,779万円

※日本損害保険協会ホームページより

自転車事故が起きてしまった際の「被害者の保護」「加害者の経済的負担の軽減」を図るため、自転車保険の加入を促す自治体が増えています。

2.自転車保険の加入が義務化されている地域

埼玉県をはじめ、地方自治体の条例制定も増えており、自転車に乗る方は保険加入が求められる時代です。

※義務化地域で自転車に乗る場合は、住民でなくても保険加入義務の対象となる場合があります。

自転車保険 加入義務化マップ
「自転車の責任保険」は自転車保険の加入義務化にも対応しています! オペレーター

補償される内容

賠償事故の補償

最高3億円(充実コース)・1億円(基本コース)の賠償責任補償で家族※も補償!

他人さまへの償いに備える賠償責任補償は、家族全員※が被保険者です。

※家族とは:「被保険者(補償の対象となる方)の範囲」をご確認ください。

自転車事故イメージ:自転車で歩行者と接触しケガをさせてしまった

自転車で歩行者と接触しケガをさせてしまった

ご自身のケガの補償

自転車事故によるケガを補償!

自転車搭乗中や、自転車との接触等によるケガを補償します。

※自転車事故によるケガの補償は、被保険者本人のみが対象です。

自転車事故イメージ:自転車で転倒しケガ

自転車で転倒しケガ

自転車事故イメージ:歩行中に自転車と接触しケガ

歩行中に自転車と接触しケガ

保険金をお支払いできない主な場合

下記を原因とする事故により生じた損害については、保険金をお支払いできません。

  1. 保険契約者または被保険者の故意に起因する賠償責任
  2. 戦争・武力行使・内乱・暴動等に起因する賠償責任
  3. 地震・洪水等の天災に起因する賠償責任
  4. 職務遂行に直接起因する賠償責任(アルバイトを含む仕事上の賠償責任)
  5. 被保険者と同居する親族に対する賠償責任
  6. 借りた物、預かった物に対する賠償責任
  7. 自動車、原動機付自転車、航空機、船舶、銃器(空気銃を除きます)等の所有、使用または管理に起因する賠償責任
  8. 試合中に相手にケガを負わせた場合等、スポーツ等のルールに基づいて起きた事故
  9. 被保険者の心神喪失に起因する賠償責任

下記が原因であるケガや下記の症状の場合には保険金をお支払いできません。

  1. 自転車事故以外の事故
  2. 保険契約者、被保険者または保険金を受け取るべき方の故意または重大な過失
  3. 自殺行為・犯罪行為・闘争行為
  4. 無資格運転中、酒気帯び運転中、麻薬等服用時の運転中の事故
  5. 脳疾患、疾病または心神喪失
  6. 妊娠、出産、早産または流産
  7. 外科的手術やその他医療行為(ただし、保険会社が保険金を支払うべきケガを治療した場合はお支払します)
  8. 戦争、外国の武力行使、暴動等
  9. 地震、噴火、これらによる津波
  10. 核燃料物質等の有害な特性またはその特性による事故
  11. 頸部症候群(むちうち症)、腰痛その他の自覚症状があっても、それを裏付ける医学的他覚所見のない症状
  12. 職務として修理・点検等の作業中の事故
  13. 極めて異常かつ危険な方法で自転車に搭乗している場合
  14. 自転車による競技、競争、興行(練習を含みます)または試運転している間、もしくは競技場でのフリー走行等を行っている間の事故

重要事項説明書のPDFをご覧いただけます。

プランと保険料

基本コース

3,600円/年
男性 ひと月あたり 300円

賠償責任補償の支払い限度は1億円
自転車事故による後遺障害・入院一時金も補償!

充実コース

6,000円/年
女性 ひと月あたり 500円

賠償責任補償の支払い限度は3億円
自転車事故による入院もさらに手厚く補償!

「自転車の責任保険」が選ばれるポイント

選ばれるポイント1 保険料はひと月あたり300円〜のお手軽価格!

お手ごろな保険料で万一の時の手厚いサポートが受けられることが人気の理由です。

選ばれるポイント2 万一の時の手厚いサポートが支持されています!

総合保険センターの保険は過去31年間にわたり、137万人(※)以上の方々にご加入いただいております。昨年度も約5万人の方にご加入いただきました。

お手ごろな保険料で万一の時の手厚いサポートが受けられ、大きな安心が得られることから、継続でご契約くださる方が多いのも特徴です。

この信頼と実績こそが、総合保険センターの保険の人気の理由です。

※弊社の保険(園児総合保険・小学生総合保険・中学生総合保険・高校生総合保険・学生のための総合保険・「社会人の責任」保険など)にご加入いただいた方の合計です。

お子さま向け保険のご案内

お子さまのいるご家庭には…お子さまの確かな安心を補償する、お子さま向け総合保険プランもご用意しました。/お子さまの自転車の事故だけではなく、日常生活のケガの補償や、通院まで補償!/賠償責任補償は最高3億円までのプランをご用意!もちろん家族全員補償。/扶養者への万一の備え、育英補償も付いています!

園児総合保険

月々にすればたった333円で小学校卒業まで!

※節約コース10年間の場合

小学生総合保険

月々にすればたった334円で小学校卒業まで!

※節約コース6年間の場合

中学生総合保険

月々にすればたった695円で中学校卒業まで!

※節約コース3年間の場合

高校生総合保険

月々にすればたった694円で高校卒業まで!

※節約コース3年間の場合

学生のための総合保険

月々にすればたった521円で大学卒業まで!

※節約コース4年間の場合
(ひとり暮らし補償なし)